大阪城公園ナイトラン

NEWS

8年目を迎えコースが大きく変わります。
ライトアップされた大阪城の景観が楽しめるほか、ペースメーカーの導入やクリニックを併催。
仕事帰りの方も気楽に参加できます。

10kmの部 2部制
ファンラン(約4キロ、約6キロ)
リレー10キロ
5月~10月まで5回開催

  • 第1回 5.25(金)
  • 第2回 6.29(金)
  • 第3回 7.27(金) <予定>
  • 第4回 8.31(金) <予定>
  • 第5回 9.28(金) <予定>

ENTRY

エントリーサイト【ランネット・JTBスポーツステーション・スポーツエントリー・スポーツナビDo・ローソン】からスタート時間を選んでください

スタート時間

  • 午後6時00分 10キロ【一部】(制限時間60分)
  • 午後7時00分 ファンラン【約4キロ・約6キロ】(制限時間40分)
  • 午後7時40分 10キロ【二部】(制限時間80分)
  • 午後7時40分 リレー10キロ(制限時間80分)

開催日一覧 / エントリー期間

  • 第1回 5月25日(金)/ 2018年1月4日(木)~4月27日(金)
  • 第2回 6月29日(金)/ 2018年1月4日(木)~5月29日(火)
  • 第3回 7月27日(金)予定/ 2018年3月ごろエントリー開始
  • 第4回 8月31日(金)予定/ 2018年4月ごろエントリー開始
  • 第5回 9月28日(金)予定/ 2018年5月ごろエントリー開始

ENTRY

注意事項

  1. ネットエントリーで定員に達しない場合は、若干名、当日も受け付けます。
  2. 入金先着順の定員制大会です。エントリー成立は入金時になります。定員に達した後に入金があった場合は、手数料を差し引いた上でご返金いたします。
  3. 大会の2週間前に「参加者通知」を代表者宛に送付いたしますので、記載内容をご確認いただき、必ず当日ご持参ください。
  4. 参加申し込みをされる際には、大会規約ならびにエントリーWEBサイト該当のエントリー規約に同意の上で行っているとみなします。
  5. 参加に伴うケガ・事故については応急処置のみ行い、また参加者が他に与えた損害については、主催者は責任を負いません。

COURSE

2018年も会場およびコースが大きく変わりました。

受付場所(大会本部など全ての機能)は太陽の広場に変わりました。

午後6時00分スタート 10キロ【一部】
午後7時00分スタート  ファンラン【約4キロ・約6キロ】
午後7時40分スタート 10キロ【二部】
午後7時40分スタート リレー10キロ
と新設しましたのでエントリー申し込み時にスタート時間のお間違いがないようによろしくお願いいたします。
スタート10分前には受付会場で各スタート地点への案内を開始します。
最寄駅はJR大阪城公園駅になります。

※なお、施設管理者の都合でコースが変わる場合がございますのでご了承ください。

大阪城公園 太陽の広場 大会受付会場

アクセス:JR大阪環状線 大阪城公園駅下車徒歩3分
JR・地下鉄・京阪 京橋駅下車徒歩14分
JR・地下鉄 森ノ宮駅下車徒歩15分

※前年会場最寄り駅谷町四丁目駅下車は徒歩30分ぐらいかかりますのでくれぐれもご注意ください

INFORMATION

開催日 第1回 5月25日(金)
第2回 6月29日(金)
第3回 7月27日(金)<予定>
第4回 8月31日(金)<予定>
第5回 9月28日(金)<予定>
開催時間 午後6時00分 10キロ【一部】(制限時間60分)
午後7時00分 ファンラン【約4キロ・約6キロ】(制限時間40分)
午後7時40分 10キロ【二部】(制限時間80分)
午後7時40分  リレー10キロ(制限時間80分
大会名称 スポニチ大阪城公園ナイトラン
主催 スポニチ大阪城公園ナイトラン実行委員会
後援 大阪市
協力 株式会社SWAC、大阪ハイテクノロジー専門学校
協賛 未定
種目 10キロ【一部】
ファンラン【約4キロ・約6キロ】
10キロ【二部】
リレー10キロ
参加費 10キロ=3,500円(高校生以下2,500円)
ファンラン=3,000円(高校生以下2,000円)
リレー10キロ=2~5人(一人2,500円)
定員 10キロ一部=400人
10キロ二部=300人
ファンラン=400人
リレー10キロ=100チーム
受付時間 午後5時~各種目スタート15分前まで
受付場所 大阪城公園 太陽の広場
(JR大阪環状線 大阪城公園駅 徒歩3分)

スポニチマラソン情報はこちら
http://events.jognote.com/sponichi

平日夜の大会でも充実の特典

各部男女別1位~3位表彰式(ファンランの部の表彰はありません)
完走証発行・チップ計測・明治VAAMプレゼント(予定)・バナナ先着プレゼント(予定)
参加賞→ルミカ(ブレスレット)、スポーツタオル、ソックスのいずれか
手荷物預かり所完備(貴重品不可)・男子・女子更衣室完備
ペースメーカー(キロ5~6ペース)
距離表示(1キロ毎)
給水所用意
SWACによる走る前のマラソンクリニック(午後5時30分開始)
フィニッシュ写真撮影(予定)
大阪ハイテクノロジー専門学校実習生によるトレーナーブース(テーピング・ストレッチボランティアサービス)
5~8月までの4回すべてお申込み(リレー10キロは除く)をいただいた方は11月11日(日)開催の「第8回赤穂シティマラソン大会」ハーフの部にご招待

お問い合わせ先

『スポニチ大阪城公園ナイトラン実行委員会』

  • 〒530-8278 大阪府大阪市北区梅田3-4-5
    (スポーツニッポン新聞社 事業本部 大阪事業部 担当:田中)
  • tel:06-6346-8522
    (月~金曜日10:00~18:00まで)

COLUMN

① さらば熱中症!
管理栄養士がおすすめするランナーの秘密兵器とは?

大阪城公園ナイトランを主催するスポニチでは頑張るランナーに役立つ情報を5回にわたってお届けします。第1回は梅雨から夏場にかけて怖い熱中症の対策。明治の管理栄養士・寺東詩織さんにたっぷりレクチャーしていただきました。

寺東さんよろしくお願いします。6月といえば、どんどん気温が高くなる時期。暑くなると熱中症のリスクが高くなりますね?
「熱中症というと真夏の気温の高い時期に起きるというイメージをお持ちの方が多いと思います。実は、熱中症は5月の終わりごろの急に暑くなった日や、6月後半から7月の梅雨明けの蒸し暑くなった時期にも熱中症は多く報告されています。ちょうど今、気を付けたい時期ですね。」

えっ?本当ですか?それは意外ですね。なぜこの時期に多いのですか?
「この時期は身体がまだ暑さに慣れていないため上手に汗をかくことができず、体温をうまく調節できないことが要因として考えられます。また水分補給の意識や習慣化も真夏ほどないのも原因かもしれませんね。」

まだ暑い環境に体の準備ができていないということですね。そもそも熱中症とはどういう症状で、どのようにして起こるのですか?
「人間の身体は、体温が上がっても発汗することで体温が上がりすぎるのを抑制し、体温調節が行われています。しかし、大量の発汗によって脱水症状になると次第に汗がかけなくなり、カラダに熱が溜まってしまいます。体温の上昇と調整機能のバランスが崩れることで熱中症を引き起こしてしまうのです。症状としては、めまい、ケイレン、頭痛、嘔吐などがあり、重度になると意識障害がおこることもあります。

熱中症になりやすい人はいますか?
「二日酔いの方、風邪、下痢など体調がすぐれない方、疲れている人は注意が必要です」

予防するにはやはり水分補給ですか?
「暑すぎる環境での運動実施を控えることも大事ですが、まずはこまめに水分をとることが一番ですね。特に、運動前の水分補給の意識を持ちましょう。運動前までに500mlのペットボトル半分から1本ぐらいを飲むのを目安にするといいですね。」

結構、飲まないといけないのですね。おなかが痛くなったりしませんか?
「おなかが痛くなりやすい人は、一気に飲まずに少しずつ飲んでください。もちろん、運動中も30分に1回、200mlから250mlを目安にしましょう。やはりとりすぎは注意が必要です。必要以上にガブ飲みすると、水分の吸収が追い付かず、腹痛や吐き気の原因になりかねません。」

何を飲めばよいでしょうか?
「おすすめはやはりスポーツドリンクです。汗には水分だけでなくナトリウムなどのミネラルも含まれています。ですから水と電解質が一緒に摂れるスポーツドリンクがおすすめなのです」

スポーツドリンクにもいろいろありますよね。大阪城公園ナイトランでは給水所とフィニッシュ後に明治のヴァームウォーターが配られています。熱中症対策にどのように役立つ特徴があるのでしょうか?
「ヴァームウォーターは、40㎎/100mlのナトリウムを配合し、熱中症予防の水分補給として、日本体育協会が示すナトリウム基準量を満たしています。さらに運動中のカラダに速やかに水分が吸収されるようハイポトニック(低浸透圧)設計となっています。」

ハイポトニック飲料って何ですか?
「ハイポトニック飲料は、体液よりも薄めに作られているのが特徴です。体の浸透圧よりも低いハイポトニック飲料を飲むことで運動中のカラダに効率よく水分を行き渡らせることができます。ハイポトニック飲料かどうかは、スポーツドリンクの成分表示を見て、100ml中の炭水化物(糖質)が2.5g以下であるものを目安に判断されるといいですね。ちなみにヴァームウォーターは100ml中、炭水化物(糖質)は0.74gとなっています。」

確かにヴァームウォーターはほかのスポーツドリンクよりも甘さ控えめで、すっきりのめますね。
熱中症対策といえば、経口補水液というのもありますね。
「経口補水液は飲む点滴と言われ、吸収の良さと脱水時の回復に必要な電解質がふくまれているので応急処置のアイテムとして活用されていますね。」

目的に応じて使い分けることが大切なのですね。ところで、これらの飲料は冷やした方がよいのですか?
「5度から15度の温度が吸収によいと言われています。周りに水滴がつくぐらいが目安ですね。」

ヴァームウォーターにはパウダーのスティックタイプもあるそうですね。
「500mlの水に1本溶かして使用するものです。かさばらず普段のトレーニングにも持ち運びが便利です」

ヴァームウォーターはハイポトニック設計で吸収がよく、ナトリウム量が強化されている。糖質控えめで運動中もすっきりおいしく飲めるし、運動で、体脂肪を燃やすチカラに着目した17種類のアミノ酸VAAMも入っていて、まさにランナーには万能のドリンクですね。ヴァームウォーターを活用して良いコンディションで夏を乗り越えましょう!寺東さんどうもありがとうございました。

AIFUL RUN!
スポニチマラソン総合ページ

TOP